ドイツ ベック社の代表作 シロフォン付玉の塔(クーゲルバーン)は、繰り返して遊びたくなる玉ころがしの玩具です

ドイツ ベック社の代表作として知られているシロフォン付玉の塔(クーゲルバーン)は、遊んでいて飽きの来ない繰り返して遊びたくなる玩具です。こんなにシンプルなのになぜ?それは、玉が落ちていくさまを目で追うスリルとシフォロンの音色の美しさにあると思うんですよね♪
クーゲルバーン3

クーゲルバーンの玉には、ひとつ大きな玉が入っています。この大きな玉は、塔の道穴をふさいで小さな玉をせき止めるためにあります。玉を途中でせき止めて一気に玉を転がすダイナミックな玉ころがしが楽しめるんです♪
クーゲルバーン5
クーゲルバーン4

ひとつひとつ上から玉を入れて遊んだっていいんですよ!うちの息子が生後9ケ月ぐらいのつかまり立ちができるくらいの頃、公園で小さな石をつまんで砂場を囲ってあるフェンスに小石を入れるという遊びにハマっていたのでクーゲルバーンを購入したんですが、ずーっと一人で玉を入れ続けていました(笑)。でも、口に入れたりするので大人がついて見てあげないと飲み込む危険があるので注意してください!!一応、この玉は、飲み込んでも安全にできているようですがやはり、危ないので大人が気をつけてあげてくださいね
クーゲルバーン2

この階段シフォロン、ほぼ正確な音階ソ・ファ・ミ・レ・ドって鳴っているんですよ♪こんなところが海外の玩具は、やっぱり違うんですよね。小さな子供にも自然に本物を教えていく!だから好きなんです!!遊ぶ時は、塔が倒れないよう注意してくださいね
アマゾンBeck/ベック社 シロフォン付玉の塔
クーゲルバーン6

<玉ころがしで期待される発育・発達>
・目で玉の動きを追いかける(追視・1歳前後から)
・自分で玉をのせて離す
・繰り返し遊び
玉を目で追いかけることで追視する力を成長させ意欲を持って自分ですることを楽しみ、情緒を安定させ、集中力を養います。自分で遊ぶ意欲を育てるためにも自動のモノよりも手動のモノがよいでしょう!
キッズいわき ぱふ 岩城 敏之氏より・・・私たち親子がよく通っていた絵本や世界の玩具を置いている玩具屋さんのご主人です。玩具や子育てなどの本の出版や講演会も行っておられます
<玉ころがし玩具を探す>
アマゾンで探す
楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングで探す

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f
子育て経験16年。子供と一緒に楽しく遊んで賢くならないか・・・という意識をもってアナログな子育てしてきました。その経験を生かして子育て中のママたちのお役に立てたらと思っています^^
詳しいプロフィールは、こちらから

  

藤井4段が幼い頃よく遊んだキュボロ

ページ上部へ戻る