• ハバ社「タイヤゲーム」は、泥よけの色とタイヤを合わせていくというボードゲーム はコメントを受け付けていません。

ハバ社「タイヤゲーム」は、泥よけの色とタイヤを合わせていくというボードゲーム

このタイヤゲームは、息子に初めて買ったボードゲームです
私と息子の二人でよくしましたよ
はじめてのボードゲームは、ほんわかムードのものがおすすめ
乗り物カードの絵がかわいいでしょ♡
タイヤのチップも木製ってところが好きです

ドイツ ハバ社 Rund&bunt(タイヤゲーム)

対象年齢  3歳〜
ゲーム人数 2〜6人
所要時間  約10分

<遊び方>
・乗り物カード13枚を広げます
・順番を決め、順番に色サイコロを振ります
・色サイコロと同じ色の木のディスク(タイヤ)を乗り物カードの泥よけと同じ色に置きます
 色サイコロのオレンジが出たら、好きな色のタイヤを置けます
 色サイコロの出た色のタイヤが残っていない場合、もう一度、色サイコロを振る
 2回目もタイヤが残っていない場合、次の人の番になります
・乗り物カードのタイヤが揃ったところで、揃えた乗り物カードが自分のものになります
・タイヤがすべてなくなればゲーム終了
 タイヤの数が多い人の勝ちです
 もし、タイヤの数が同じ人がいる場合は、乗り物カードを多く集めた人が勝ちです
 数が数えることができない子供たちには、タイヤを並べて比べてみましょう
・このゲームがまだ難しい子供には、タイヤと泥よけの色合わせをして遊びましょう

タイヤゲーム2

通販でタイヤゲームを探したのですが
現在、販売していませんでした<(_ _)>
でも、海外のボードゲームって忘れたころに
再び販売されることもあるのでそれに期待したいです
他にもハバ社のおすすめのゲームやおもちゃがあるので
興味がある方は、クリックしてみてください
楽天市場 ハバ社 ゲームは、こちらから
ヤフーショッピング ハバ社 ゲームは、こちらから
アマゾン ハバ社 ゲームは、こちら

色合わせゲームならラベンスバーガー社のクイップス
のボードゲームがありましたのでお知らせしておきます

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f
子育て経験16年。子供と一緒に楽しく遊んで賢くならないか・・・という意識をもってアナログな子育てしてきました。その経験を生かして子育て中のママたちのお役に立てたらと思っています^^
詳しいプロフィールは、こちらから

  

藤井4段が幼い頃よく遊んだキュボロ

ページ上部へ戻る