• 部活に入った子供の食事を考える!アスリート飯 管理栄養士 川端理香さんの10代のスポーツをしている子供の食事本を購入しました はコメントを受け付けていません。

部活に入った子供の食事を考える!アスリート飯 管理栄養士 川端理香さんの10代のスポーツをしている子供の食事本を購入しました

息子が最近、部活から帰ってくると
やたら甘いものを食べたくなるようで
チョコレート系のお菓子をよく食べています

そして、よく寝ているのに「疲れた!」の連発

成長期の今、食べる量が急に増えてきています
そこで、私も食事のことが気になり始め
中学生男子で部活をやっている子供って
どんなものを食べればいいのか
いろいろ調べていたところ
アマゾンでこの本を読んだママさんたちの口コミが
とても評判が良かったので購入することに決めました!
(お急ぎ便にしても送料無料だったので、そちらを選択。翌日に届きました♡)

10代スポーツ選手の栄養と食事―勝てるカラダをつくる!

川端理香さんという方が監修されているのですが
川端さんは、管理栄養士として日本オリンピック委員会強化スタッフをされている方で
さまざまのスポーツ栄養についての講演や
食育セミナーなどを行っているWATSONIA(ワトソニア)の代表者。

水泳の北島康介、全日本男子・女子バレーボールチーム
Jリーグプロサッカーチームの栄養サポートをされています

届きました!
スポーツ食事

早速、中身を拝見・・・
本の最初のページ「はじめに」のところでは
サプリメントに頼らない食事での
栄養補給の大切さを書いてありました

そして
スポーツ選手が良いパフォーマンスをするための食事と5大栄養素のお話
第6の栄養素「水」の摂取のお話
バランスの良い献立作りと成長期の食事の大切さ
スポーツ女子の食事のとり方が書いてあります

次の項目では、競技別レシピが書いてあります
筋力系スポーツ  砲丸、ハンマー投げ・体操など
持久力系スポーツ マラソン・水泳(長距離)など
瞬発力系スポーツ 野球・サッカー・バスケ・テニス・柔道など

息子は、陸上部の長距離ランナーなので持久力系スポーツとなりますが
筋トレを行う場合は、筋力系のレシピも取り入れることが大事だそうです

・長時間のトレーニングや試合を乗り切るためには
 糖質を補給し、エネルギーに変えていくこと
・鉄分の消耗も激しいので補給を忘れないこと
・糖質の吸収を高めるビタミンB1とクエン酸もいっしょに取ること
・激しいスポーツをすると活性酸素が多く発生するので
 抗酸化作用のある食材をとること
・ご飯を多めにして、主菜・副菜にも糖質を入れた料理を考える
 
くわしい主菜・副菜・汁物の写真付きレシピが掲載されています

次は、目的別レシピが載っていました
疲労回復するためのレシピやケガを治すためのレシピなど
よく質問されることをレシピにしてあります

あとは、試合前後の食事、間食、オフの時の食事
外食で気をつけることなどが載っています

文字も大きく、行間もあけてあって
読みやすくなっているので親子で読んで
食事の仕方を考えなおすキッカケになりそうです
小学生でスポーツをしているお子さんにもいいと思います

レシピもそんなに難しいものもなく
手軽にササッと作れそうなものばかりです
ママさんたちの口コミの評判通り
知りたいことばかり載っていて買ってよかったです
早速、息子のサポートをしていきたいと思います!

10代スポーツ選手の栄養と食事―勝てるカラダをつくる!

<関連記事>
オーブントースター専用の調理器具「葛 恵子のトースターパン」は、朝食やお弁当のおかずが簡単に調理ができます

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f
子育て経験16年。子供と一緒に楽しく遊んで賢くならないか・・・という意識をもってアナログな子育てしてきました。その経験を生かして子育て中のママたちのお役に立てたらと思っています^^
詳しいプロフィールは、こちらから

  

藤井4段が幼い頃よく遊んだキュボロ

ページ上部へ戻る