• 子供が病院嫌いになる前にやっておいた方がいいこと はコメントを受け付けていません。

子供が病院嫌いになる前にやっておいた方がいいこと

子供が病気になり、病院へ連れて行くと外でずっと待っている親御さんに会うことがありました。その子供さんの中では、病院=怖いところ・・・恐怖でしかない場所で中へ入ると泣き止まなくなるという理由から順番が来るまで外で待っているというんです。熱がある時は、子供も大人も大変です

子供の中でインプットされた病院への恐怖とは

子供が最初に病院への恐怖を覚えるのは、予防接種じゃないでしょうか。あのアルコール消毒の臭い、大勢の子供たちが注射をするたびに泣き叫ぶ声、マスクをつけ白衣を着たお医者さん、そして、注射の痛さ!このような日常とは違う場所は、恐怖でしかないのではないでしょうか

耳鼻科の先生に教えてもらった診察を受ける前にしておく習慣

五味太郎1
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)
息子は、風邪をひくと鼻に来るタイプでよく耳鼻科に通っていました。うちの息子は、全然、病院が平気な子でむしろ好き?珍しい機械がたくさんあって工場見学気分で行っていたような気がします。また、ファイバースコープで自分の耳の中を見せてくれるので好んで耳垢を取りにいったりしていました。そこの先生がよくおっしゃっていたのは、「日頃から鼻や耳ましてや口の中は、親がよくケアしてあげている子供は、病院を嫌がらない」。日頃、よく耳かきや歯みがきの仕上げ磨き、鼻の入り口付近のケア、鼻かみをさせるなど耳・鼻・口をよく触られいる子は、病院でのどの奥や耳の中、鼻の中を見られることに抵抗が少ないらしいとのことらしいです。だから、診察台に上って泣き叫ぶ子供に対して先生は、親御さんに対してこのアドバイスをされていました

私がしていた遊びの中での病院対策

レゴ収納1
私が振り返ってやっていたことといえばやはり、耳・鼻・口のケアは、常日頃からやっていました。初めての子供だったのでこの辺は、まじめにやっていましたね。そして、絵本やお医者さんごっこ、レゴで医療機器を作るなど恐怖を感じること以外のモノでそらしていたような気がします。そして、なぜ、病院へ行くのかなどを話していました。注射が痛いのは、病気をやっつけるためそれを頑張った〇〇ちゃんは、えらい!などとほめまくったりしていました。病院によっては、治療が終わった後、ご褒美にくじを引いておもちゃをくれたりするところもありますよね。周りの情報からの子供に合う病院探しも大切です。そして、子供を怒る時に「お医者さんに注射してもらうよ!」という言葉。これは、恐怖を思い出させるだけ。病院嫌いになってしまうだけなので言わないよう気をつけてください
お医者さんごっこのおもちゃを探す
絵本でお医者さん関連を探す
レゴ 病院関連を探す

病院の待合室で静かに待たせる方法

ブーマリングス2
待合室にある絵本を読んであげたり、椅子に座っていても遊べる玩具をひとつ持って行ったりしました。我が家では、常にコミュニケーションと頭がよくな〜れという思いとおとなしく待つ場所を意識させることも含めてそうしていました。ちなみに病院には、TVやDVDを見せてくれるところもありましたが、我が家では、小学校に上がるまで見せていませんでした

病院嫌いにさせないためにもこのような心掛けを習慣的にやっておくだけで親も子も恐怖とならずに済むんじゃないでしょうか。よかったら参考にしてみてください

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f
子育て経験16年。子供と一緒に楽しく遊んで賢くならないか・・・という意識をもってアナログな子育てしてきました。その経験を生かして子育て中のママたちのお役に立てたらと思っています^^
詳しいプロフィールは、こちらから

  

藤井4段が幼い頃よく遊んだキュボロ

ページ上部へ戻る