• ドイツ ラベンスバーガー社 ピエロの背の高さを競うゲーム「クラウン」 はコメントを受け付けていません。

ドイツ ラベンスバーガー社 ピエロの背の高さを競うゲーム「クラウン」

幼い子供と遊ぶゲームは、ルールが単純でわかりやすく、ゲーム時間が短いのに限ります。外国のゲームには、幼い子供たちも一緒に遊べるゲームが豊富です。ラベンスバーガー社の「クラウン」というゲームは、ピエロの体が8パーツに分かれ、サイコロの目の数と一致するパーツを置いて背の高さを競うゲームなんです
ラベンスバーガー社「クラウン」

ドイツ ラベンスバーガー社「クラウン」

クラウン1
足・脚・お腹・胴・胸・首・顔・帽子と合計8パーツが、それぞれの高さの違うパーツになったサイコロの目の数と同じ6枚ずつ用意されてあります。これを8パーツごとに分けて置き、じゃんけんで順番を決めます

クラウン5
足のパーツ1(6枚)からゲームが始まります。サイコロを振り、サイコロの出た目の数と同じのパーツが自分のピエロの足となります

クラウン6
こちらは、なかなか背が高くなりません!

クラウン7
おっと真ん中がちょっと背が高くなってきたか・・・

クラウン8
お〜左のピエロの背が伸びてきた〜ッという感じで遊んでいきます。8パーツ並べるまでに逆転のチャンスが来るかもしれないというドキドキ、ワクワクするゲームです。そして、個性的なピエロにみんなで大笑い!我が家では、一番バランスが取れたピエロを作れたのは、誰で賞とか一番背の低いピエロを作れたのは、誰で賞とかを作って、平和に終れるように幼い子供たちの勝ち負けは、ゆる〜くしていました。勝ち負けは、成長と共に味わっていかせたかな

まとめ

クラウン4
対象年齢は、4歳から。昨今では、スマホゲームなどが一般的になっていますが、リアルにコミュニケーション能力を養うためにもこういったゲームの利用がおすすめです。でも、なかなかこのおもしろさを分かってくれる子供も少ないのが現状。大人が中に入っていっしょに遊んであげないと遊び方もわからない。なので我が家に遊びに来てくれた息子のお友達と一緒になって私も遊びました。大人がこんな遊びがあるよといろいろ教えてあげないと子供は、スマホゲームしか知らない子供になってしまい依存症になる危険もあるんです。依存してしまうと勉強もおろそかになり、悩みの種になります。後にそうならないように大人がいろんな遊びを教えていくことが大事だと思います。特に頭が活性化する遊びは、おもしろいのでそういった積み重ねで学力へとつながれば親も子も幸せになれるんじゃないでしょうか
楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場ででラベンスバーガー社のゲームを探す
Yahoo!ショッピングでラベンスバーガー社のゲームを探す

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f
子育て経験16年。子供と一緒に楽しく遊んで賢くならないか・・・という意識をもってアナログな子育てしてきました。その経験を生かして子育て中のママたちのお役に立てたらと思っています^^
詳しいプロフィールは、こちらから

  

藤井4段が幼い頃よく遊んだキュボロ

ページ上部へ戻る