• TV「あさイチ」90歳の現役絵本作家 かこ さとし氏の絵本は、大人が読んでもおもしろい はコメントを受け付けていません。

TV「あさイチ」90歳の現役絵本作家 かこ さとし氏の絵本は、大人が読んでもおもしろい

けさ、TV「あさイチ」を観ていたら、御年90歳を迎えられ、いまだ現役を続けられている絵本作家 かこ さとし氏の映像が流れていました

電車の絵本に次いで息子が好きだったのは、かこさとしさんの「からすのパンやさん」。美味しそうなパンがたくさん出てくるページは、今か今かと待ちどおしそうに目をキラキラさせて、パクパクと食べるマネをしながらココロをいっぱいにした頃を思い出します
dscn4335
広告

かこ さとしさんの本は、大人が読んでもおもしろい

dscn4334
かこ さとしさんが生み出した作品は、600冊以上。かこさんの本の特徴は、詳しくイラストで説明したり、主人公の他の動物や人物が1つ1つ個性を持った細かいイラストを描いてあります。1ページに書かれてあることを1つ1つ見て時間をかける楽しみがあって、子供と一緒になってワクワクしながら見たものです^^
btn022_01 個性的なからすの子供たちが活躍する絵本「からすのパンやさん」を見てみる

最新作の出発進行! 里山トロッコ列車 小湊鐵道沿線の旅では、開発をした土木の技術やトンネルの作りを分かりやすくイラストで案内した要素も書いてあり大人が読んでも面白い内容となっています(読んでみたい^^)

かこさんの考えは、子供は、3歳を過ぎると個性が出てきて、たとえば、今までひとくくりにしていた昆虫好きもトンボが好きだったり、ダンゴムシが好きだったりと分かれてきます。そして、その好きなものをとことん知りたくなってくる。子供たちは、そういうものを望んでいることが子供と接してわかったそうで、子供に教えられた自分にとっては、子供が先生なんだそうです

かこ さとしさんのプロフィールを紹介


絵巻じたて ひろがるえほん かわ (福音館の単行本)
かこさんは、1926年 福井県に生まれました。パイロットになりたかった夢は、視力の低下とともに敗れ、視力のいいものは、みんな特攻機に乗って死んでいきました。本当は、自身も死べきなのにという思いが・・・パイロットになりたいという間違った判断は、昭和20年に死んでしまいました と語られていました

生きる目的がなくなってしまったかこさんは、その後、東大工学部に入学し、手作りで紙芝居でボランティア活動を開始。生き残ったものが喜ぶのではなく、償いをしなきゃいけないと思った加古さん。僕のような間違いをしない、賢い、自分で自分の周りのことを判断できるそういう子供になってほしいという願いから紙芝居に情熱をかけていったそうです。

徹夜で書いていた紙芝居ですが、段々と見に来る子供が減っていくのは、なぜだろうと分析。子供たちは、自分で気に入ったものは、最後まで聞いていることを子供から教わったそうです。これが今生きている子供の姿だよって・・・

からすを同じように100羽、200羽描いても子供たちは、興味を示しません(面白くないもんね)。1人1人違うように1羽1羽違うんだと細かいところまでしっかり見て理解してくれる。そういうのが普通の子供だという思いから、普通の子供たちの力を借りて応援してあげるのがいいのではないかと考えそういう絵本や本を書くようになられたそうです

かこさんの絵本の細かい描写をみつけるのは、たのしいです。そして、図鑑とは、少し違うメモのような人間味のある書き方に魅かれます

かこ さとしさんおすすめの読み聞かせ方

かこさん曰く、お母さん(お父さん)のお膝の上で、同じ方向を向いて読み聞かせることが子供にとっては、最高なんだそうです。いつもは、慌ただしくてガミガミ怒っているお母さん(お父さん)がやさしく語る読み聞かせの時間は、子供には、至福な時!大人にとっても特別な時間になるんだと思います。こんな時間を過ごせるのも5年くらいです。親子にとって蜜月の時間は、あっという間です。ぜひ、この機会に読み聞かせをしてみてげて下さい。できるなら絵本で読んであげてほしい^^

かこ さとしさんが30年前に書いた選挙の話


かこさんが30年前に書かれた本が復活しました。民主主義って何?すべてが多数決なのか・・・今年、初めて18歳の選挙権が認めたれた選挙がありました。その時にソーシャルニュース ハフィントンポスト(日本版)に掲載されSNSで話題となった本がこどものとうひょう おとなのせんきょ (かこさとし しゃかいの本)。お話仕立てでわかりやすくひも解いた本。大人も読んでみたくなる1冊だとあさイチで言ってましたよ。私も読んでみたい^^

かこさとしさんは、20年先も読まれる本をモットーに今も創作活動を続けられているそうです!とてもすてきですね。かこさんの仕事場には、今も自分のお子さんが使っていた子供用の食器を絵の具のパレットにして使っているそうです。戦時中に培われたもったいないの精神と親御さんとして優しさが伝わる一面をうかがわせた場面にほっこりさせていただきました
btn022_01
かこさとしさんの本をみてみたい
かこさとしさんの本が話題となっています

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f
子育て経験16年。子供と一緒に楽しく遊んで賢くならないか・・・という意識をもってアナログな子育てしてきました。その経験を生かして子育て中のママたちのお役に立てたらと思っています^^
詳しいプロフィールは、こちらから

  

藤井4段が幼い頃よく遊んだキュボロ

ページ上部へ戻る