• 今どきのサンタの国は、最先端技術で成り立っていたという絵本 はコメントを受け付けていません。

今どきのサンタの国は、最先端技術で成り立っていたという絵本

どうしてトナカイが空を飛べるの?

えんとつにどうして入れるの?・・・

サンタは結婚している?・・・

いい子にしていたかなんてどうしてわかるの?・・・

サンタひとりでプレゼントを用意しているのかな?・・・

という素朴な疑問に答える絵本「サンタのひみつおしえます」は、サンタなんていない!と言った少年の身におこるサンタのうわさが本当は、こんな最先端技術によって果たされていたなんてという今どきのサンタ像を語った物語です(*この絵本は、2006年の本で、只今、中古品しか存在していません)
広告

絵本「サンタのひみつおしえます」の内容は

確かに夢の国のサンタさんは、何でもできちゃうみたいなところがうやむやになってオブラートに包まれてきましたが、本当は、そこが知りたいのよ!というモヤモヤ部分をはっきりさせたのがこの絵本「サンタのひみつおしえます」です

本屋さんでみつけたとき私も興味津々でこの絵本を手に取り読んでみました

空を飛べるのは、トナカイだけじゃなかった!

「いたずらほうこくしょ」なるものがデーター化されていて常にインプットされていたなんて!

勝手にサンタ衛星が打ち上げられていたなんて!

よい子ポイントがたまったらプレゼントがもらえるんだ!

ひみつの配送センターがあるらしいよ

夜でも迷わずトナカイが空を飛べるのは、トナカイレーダーのおかげ!

そのレーダーを作ったのは!・・・そして、一晩でサンタがみんなにプレゼントを配れるひみつがあかされるんです!

これ、息子が好きそうなお話だわ^^と思いクリスマスプレゼントにしたんです

まあ、同じ夢の世界でも今どきの子供たちにとっては、現実味のあるリアルな世界なんじゃないかな^^思った通り息子のお気に入りの絵本となりました

古くから読まれている名作もいいんだけれどある程度大きくなった子供には、こんな絵本もありかなと思います。なにより大人が読んでもおもしろい!主人も楽しく読み聞かせしていたなあ(男性ウケする絵本だと思います)
絵本「サンタのひみつおしえます」をアマゾンでみてみる

子供の数だけクリスマス絵本の好みが違う


子供の数だけ好みが違うのでひと言でこれだとはいえないクリスマスの絵本。自身が子供の頃に読んでもらった絵本、または、読んでみたかった絵本などで選んでみるのもいいですね^^ちなみに上の絵本は、五味太郎さんのまどからおくりもの というしかけ絵本です。これも息子が大好きな絵本でした。寝る前に10回ぐらい読まされた記憶があります(^^;)窓がくりぬかれた部分で話がつながるちょっと不思議な絵本で思わず微笑んでしまいますよ^^
クリスマスプレゼンにしたい絵本や児童書は、こちらから

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f
子育て経験16年。子供と一緒に楽しく遊んで賢くならないか・・・という意識をもってアナログな子育てしてきました。その経験を生かして子育て中のママたちのお役に立てたらと思っています^^
詳しいプロフィールは、こちらから

  

藤井4段が幼い頃よく遊んだキュボロ

ページ上部へ戻る