• 本「「学力」の経済学」その教育、本当に効果があるのか?を読んでみました はコメントを受け付けていません。

本「「学力」の経済学」その教育、本当に効果があるのか?を読んでみました

子どもが生まれるとやはり家庭では、教育のことが頭を過ぎります。「どんなふうに育てれば賢くよい人生を送れるんだろう」と、早速、教育のカリスマの本を何冊も買って調べる・・・でも、それは、子どもの置かれた環境や家族などが複雑に絡んでいるのでそのままその本を読んで行動したとしても成功しないのでは?そんな疑問を教育経済学を通した科学的根拠(データ)により解決しようというのが「「学力」の経済学」という本でした。

興味深い本の内容
本 学力の経済1
初めに
ここでは、データ分析で明らかにしたことが自分たちの生活を大きく変えることを実証しています
第1章 他人の”成功体験”はわが子にも活かせるのか?
    >>>データは、個人の経験に勝る

気になる内容でしょ。特別な個人の(東大合格)体験より個人の体験を大量に観察することによって見出される規則性に注視することの方が一般的であるという。なるほど、確かに後者の方が確実に目標に近づけます。
第2章 子供を”ご褒美”で釣ってはいけないのか?
    >>>科学的根拠に基づく子育て

実際に勉強やテストに対して前と後にご褒美で釣った実験が行われ、学力テストでよい点を取ったのは〇〇だったという話やゲームや友達が与える影響、幼児教育は、その後の人生をも変えていくという興味深い話となっています。
第3章 ”勉強”は本当にそんなに大切なのか?
    >>>人生の成功に重要な非認知能力

ただ幼児教育だけをするのではなく、学校では、社会で要求される「生きる力」をやしなうことが重要だとしています。その中でおもしろかったのは、しつけを受けた人は、年収が高かったという話・・・ぜひ読んでみてください。
第4章 ”少人数学級”には効果があるのか?
    >>>科学的根拠なき日本の教育政策

少人数学級での学習効果がみられた教科は、〇〇だけだったという話から学力テスト結果で政策的に有用なデータはほとんど得られなかったという話まで
第5章 ”いい先生”とはどんな先生なのか?
    >>>日本の教育に欠けている教員の「質」という概念

教員をご褒美で釣るとどうなったか、教員研修に効果があるのか、教員免許の有無がどう影響するかなど
補論 なぜ、教育に実験が必要なのか

科学的根拠のほとんどがアメリカなどで行われたもので、条件が変わればデータも変わるはず。でも、国を代表する体験談や学力テスト結果などからこうやるべきという日本の教育方法よりもデータ化することで全体の学力が上がればやった方がいいと思いますが、基準の決め方や予算の問題も絡むとそうはいかないのでしょうね。学校の先生ってなぜこんなに忙しいんだろう。親たちもなぜこんなに忙しいんだろう。そして、子供たちも・・・なんかぐるぐる回っているだけで解決の糸口は、まだまだ見えない教育の世界。データがすべてはないけど親としては、基準みたいなのがあると目標が立てやすくなり、みんなが幸せになれそうと感じました。人って数字で表現してくれると納得がいきますよね。只今、アマゾンで経済学・経済事情部門でベストセラーとなっています(2015年9月19日現在)。やっぱりみんな気になっているんですね。ぜひ、参考にしてみてください。

アマゾンで探す
楽天ブックスで探す
ヤフーショッピングで探す

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f
子育て経験16年。子供と一緒に楽しく遊んで賢くならないか・・・という意識をもってアナログな子育てしてきました。その経験を生かして子育て中のママたちのお役に立てたらと思っています^^
詳しいプロフィールは、こちらから

  

藤井4段が幼い頃よく遊んだキュボロ

ページ上部へ戻る