• 足し算、引き算、かけ算、わり算!小学生の計算問題を遊び感覚でひもをかけながら学べる知育玩具「ラップアップ」 はコメントを受け付けていません

足し算、引き算、かけ算、わり算!小学生の計算問題を遊び感覚でひもをかけながら学べる知育玩具「ラップアップ」


「ラップアップ」は、息子が小学1年生の時に
家の人に足し算カードを読み上げてもらって
子供が答えるという学校の宿題に飽きてしまった時に使いました
1人でもできるので親としては、助かりました!

+1の板の周りには、いろんな数字が書いてあります
1と左の数字を上から順番に足していき、右の数字にひもをかけていきます
すべて終わったら、裏返すと答えのひものかけ方が載っているので
ひもがその通りにかかっていれば正解です
+2・3・4・5・・・と板が10枚あります

これは、ボーネルンドで買ったのですが
お店に偶然、塾の先生が買いに来られていて
「塾でも使われいてるという噂は、本当だったんだ」
とわかり即、購入しました

息子は、楽しく遊びながら勉強していたという印象です
だんだん計算が速くなっていくので、2つあると競争したりできます

我が家では、このほかにも引き算、掛け算、割り算を持っていますが
どこにしまってしまったのか
朝から一生懸命探したのですが出てこない・・・すみません<(_ _)>

申し訳ないので、同じようなひもかけ知育玩具も紹介します
「Wrap&Learn」は、数のカードが何枚かあり
1枚カードを選び、ひもをかけていく知育玩具です
ひもかけ1

まず、カードを選びます
ひもかけ2

裏には、答えのひもかけの線が載っています
ひもかけ3

カードをフタにセットします
ひもかけ4

問題の答えのところにひもをかけていきます
ひもかけ5

フタを裏返すと答えのひもかけの線が載っているので
答え合わせができます
ひもかけ6

ほかにももう少し幼くても遊べる絵合わせのひもかけがあります
こちらの「Wrap&Learn」を売っているお店を探したのですが
見つかりませんでした<(_ _)>

海外の知育玩具には、いろんな工夫がされているのでびっくりさせられます
計算をしながら、手も動かさないといけないという
いろんな動作が入っていて、脳が活性化されていそう+集中力もつきそうなものが多いです

紙のドリルもいいけど、ときには、こんなツールもあると便利です!

広告

コメントは利用できません。

記事を書いている人

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f
子育て経験16年。子供と一緒に楽しく遊んで賢くならないか・・・という意識をもってアナログな子育てしてきました。その経験を生かして子育て中のママたちのお役に立てたらと思っています^^
詳しいプロフィールは、こちらから

  

藤井4段が幼い頃よく遊んだキュボロ

ページ上部へ戻る